<< Special News | main | ナイスヘアー!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
トランジスタレディオ
皆さん、秋の夜長いかがお過ごしで?

秋と言いますと…
食欲?…基本ございません。
睡眠?…年中眠いです。

まぁ、色々ありますが、私個人としましては…馬です。
…馬。えぇ。馬です。
秋と言えば、G1!サラブレットの季節ですね。えぇ。

私、実は競馬が大好物でございまして。
と、言いましても、馬券等にはとんと興味はありませんで、
純粋に「馬」が好きなのです。はい。

レースはモチロン、その馬個人の逸話といいますか、生き様といいますか、
とにかく、知れば知るほど、熱いモノがこみ上げるのでございます。

で、せっかくのG1シーズン。馬を語らず何語る。てな訳で…
個人的にぶっ刺さった名馬をご紹介。



「ホクトベガ」
…もうね、彼女は最高ですから。
彼女って位なので、モチロン女の子な訳ですが、
彼女のデビューは1993年の1月。新馬戦を楽に逃げ切り、次走も勝って2連勝。

4戦目には見事にフラワーカップで初の重賞制覇。
順風満帆かに思えたが…
同い年の、それはそれは早くて強くて大人気の「ベガ」が立ちはだかる訳。
言うなら、同じクラスに似たような名前の女の子がいまして、
育ちも見た目も一級品。クラスの男子はメロメロな訳ですね。

で、桜花賞、オークスというG1レースでことごとく完敗。
一方「ベガ」にいたってはG1を2連勝。牝馬3冠に王手な状況。

で、ついに迎えたエリザベス女王杯。
1番人気はモチロン「ベガ」。誰もが牝馬3冠を疑いもしない。
一方の「ホクトベガ」は、前走の敗退もあり9番人気。

レースはやはりの「ベガ」中心。
ホクトベガは道中、最内でじっと足を溜め、最後の直線を待つ。

最後の直線に入り、先頭集団が一気に加速。
ホクトベガの前がぽっかり開いた瞬間最内を強襲。

見事に差しきってゴールイン。初のG1制覇、そしてベガから初の白星を挙げた訳です。

この時、関西テレビの馬場鉄志アナウンサーの、
「東の一等星、北斗のベガ!ベガはベガでもホクトベガ!」
という名実況が生まれた訳です。はい。
しかしこの勝利も、運が良かった、フロッグだと言われる結果に。

この後、ダート路線に以降し、2着に18馬身差の勝利や、交流重賞10連勝など、
圧倒的な強さを見せるも、当時のダート路線では、妥当な評価がされぬままでした。
しかし、ダートファンにとっては正にスターホース。
まぁ、私の大好きなダート路線で正に「女王」となった訳です。
しかし、世界最高峰のダートレース、ドバイワールドカップに招待された彼女は、
4コーナーにて、前の馬に追突、後続にも巻き込まれ、左前腕部複雑骨折のため、
予後不良、安楽死処分となりました。

サラブレットの命は儚く短い。でも、だからこそ素晴らしいのでは。
そう思います。
ちなみに、彼女の獲得賞金8億8812万6000円は、2009年に、
ウォッカが更新するまで、歴代牝馬最高獲得額でありました。

「この実況をお聞きの、大井の、そして、地方競馬ファンの皆さん、
私は何度でも言いましょう…ホクトベガ、やはりお前は強かった!!!」

パクの名馬のススメでした。イェイ。







 
| - | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://judge-el.jugem.jp/trackback/47
トラックバック